【2019年冬 うる艶・モテ髪へ 】一体何が違うの?シャンプーの種類と特徴!

The following two tabs change content below.
加藤功

加藤功

クリエイティブディレクターWEB予約はこちら♪
モテ髪 スタイルの悩みなど何でもご相談ください!
一緒に髪の悩みを改善し、お手入れが楽しくなるようにお手伝いさせて頂きます♪(武蔵小杉店)

いろいろなメーカーからたくさんのシャンプーが出てきて何を選べばいいか分からない!!そんな方は少なくないと思います! 今回はどんなシャンプーの種類があるのか!入っている成分によってどういう髪に合うのかをまとめて、これからのシャンプー選びのヒントにしていただけると嬉しいです!!

シャンプーの種類

シャンプーの種類には大きくわけて3つの種類があります。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーで、髪や頭皮にとても優しいという特徴を持っています。程よく皮脂を残して洗うことができるので、洗いすぎによる保湿成分の低下を防ぎ、低刺激で頭皮や髪のダメージを少なくすることができます。元々敏感肌の方や、抜け毛が気になる方にはおすすめと言えます。反面、洗浄力がやや弱いという特性を持っています。成分としては「ラウロイル」「ココイル」などといった名前が使われています。

石鹸系シャンプー

石鹸系はその名のとおり洗浄成分に石鹸を使用しているシャンプーで、アルカリ性で高い洗浄力がメリットです。特徴としては、使用後に髪のキューティクルが開いてしまうため、洗髪直後は髪に油っ気がなく、手触りが悪くバサバサした状態になります。使用後は酸性のリンスを併用することで効果が高まります。また肌にも比較的優しいのも特徴です。成分としては「石鹸素地」「脂肪酸」という名前が使われています。

高級アルコール系シャンプー

以前は石油系ともいわれていましたが、成分の大半が植物原料に変わっていますので、現在ではアルコール系と呼ばれています。一般的に市販されているシャンプーの大半がこの部類で、高い洗浄力や自己修復成分、滑らかな髪通りが特徴です。反面、刺激が比較的強いため、敏感肌や抜け毛が気になる方には注意が必要です。成分としては「ラウリル」「ラウレス」「硫酸」という名前が多く使われています。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

最近よく耳にする「シリコンタイプ」や「ノンシリコンタイプ」という言葉が気になっている方も多いでしょう。その名のとおりシャンプーの中にシリコンが入っているか入っていないかの違いになります。

シリコンシャンプー

一般的に市販されているシャンプーの多くは、このシリコン入りシャンプーです。シリコンは、髪の毛の表面をコーティングするワックスのような効果があり、洗髪後の指通りや手触りがよくなるだけでなく、髪につやを与えるといった特徴があります。反面、コーディングが頭皮や毛穴に残留してしまうことがあり、抜け毛や敏感肌につながりやすいといったデメリットもあります。シリコンシャンプーを使う場合は用量を守ってしっかり洗い流すことが大切です。

ノンシリコンシャンプー

シリコンが入っていないシャンプーで、メリットやデメリットはシリコンシャンプーの真逆になります。別名薬用シャンプーや抜け毛予防・育毛用シャンプーとも呼ばれており、頭皮の影響を極力少なくしたシャンプーと言えるでしょう。一般的なシリコンシャンプーと比べると価格が高いのが特徴で、洗髪後の髪の指通りや手触りが悪くなるデメリットの部分は、専用のコンディショナーなどを使うことで補うことができます。

 

[美容院のシャンプーと市販のシャンプーの違い]

メインとして使われる洗浄成分(界面活性剤)の違いが市販品と美容院シャンプーの大きな違いです。美容院のシャンプーは主にアミノ酸系、市販シャンプーは石油系の洗浄成分が主流です。

とはいえ美容院で使われるシャンプーでも、汚れをしっかりと落とす目的のプレシャンプーの際には石油系のものが使われることもあるので、一概には言えないこと。アミノ酸系が一番!と決めつけず、目的に合ったシャンプーを選ぶのがシャンプー選びでは大切なことです。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
加藤功

加藤功

クリエイティブディレクターWEB予約はこちら♪
モテ髪 スタイルの悩みなど何でもご相談ください!
一緒に髪の悩みを改善し、お手入れが楽しくなるようにお手伝いさせて頂きます♪(武蔵小杉店)